上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0735_2.jpg  

今日やっとネットが我が家につながりました!
無事引越しも終わり、荷物も届き、妹達も遊びに来て
にぎやかに暮らしております。
ぼちぼちブログも更新して行こうと思っております。
とりとめのないブログですが、どうぞよろしくお願い致します!

妹が来たら行きたかった場所、クリニャンクールの蚤の市に行ってきました。
とびきり可愛い物からどうみてもガラクタ?って物もあり
規模も流石にパリ最大、一日では到底制覇できなかったのですが
蚤の市ならでわの宝探し的ワクワク感を存分に味わってきました。

DSC_0733.jpgDSC_0727.jpg
DSC_0728.jpgDSC_0734.jpg
 お天気も良く、緑に溢れたマルシェでお宝探し
こんな幸せな場所があるパリってすごい
いろんな国にそれぞれ特色のある蚤の市があるけれど
パリの蚤の市が一番好きだなぁ
 
DSC_0729.jpg
 DSC_0725.jpg
なんだか興奮しすぎて結局何も買えなかったけれど
欲しいものを頭の中で吟味して
何かずっと大切にできるような宝物と
次回は出会えたらいいなぁ

by kiki

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
yさま*
お久しぶりです!
お返事大変遅れてしまい、申し訳ありません
娘が体調を崩し、病院通いをしておりました。
肺炎手前までRSウイルスが悪化して
咳が止まらなかったのですが、
ここ数日やっと落ち着いて来ました。
こちらにに来て直ぐの病院通いは解らない事だらけで
戸惑いの連続でしたが、なんとか回復に向かっております!

私も原発事故の後、海外での反応が気になっていたのですが
フランス人の今回の事故に対する関心の高さが、思ったよりもずっと高く
子供からお年寄りまで、随分詳しい事に驚きました。
避けられている感覚は今まで一度もないのですが、
日本政府が情報を公開してないことで日本人に健康被害がでるのでは?
という心配をしてくれているのを強く感じます。
フランスもチェルノブイリで被害を受けた経緯もあり
「私達も経験者」という感覚で今回の福島を見ているような気がします。
フランス人だけではなく、街で出会ったオランダ人、ドイツ人、イタリア人、イギリス人、
ヨーロッパ全土の人々が必ず「早く元の生活に戻れるように」と
温かい声をかけて下さり、日本人の事をとても思ってくれている事に感動しました。
本当に一日も早く、また世界に愛される事故前のあの日本に戻る事を願ってやみません。

そうなんです!パリの人はみんな子供に優しい!
一見とても怖そうなおじさんも子供にはとっても良い笑顔で席を譲ってくれたりします。
(大人の、それもフランス語がつたない私にはとても厳しいですけど!笑)
パン屋さんでは買わなくてもパンを貰ったり、お菓子屋さんでは必ず何か貰ってます 笑
お気に入りのスポットもやっといくつか出来たので、是非yさんがパリにいらっしゃる際には
お声をかけて下さい!
子連れパリ、想像以上に私も楽しめました!

ブログも随分放置してしまいましたが、またのろのろと更新しようと思いますので
また遊びにいらしてください
嬉しいコメント、ありがとうございました*

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。