上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0506.jpg

ノエル一色のalsace strasborgヘ
400年前から続くクリスマスマーケットと
おとぎ話の舞台のような街並み
小さくて古くてとても素敵な街でした
DSC_0540.jpgDSC_0601.jpgDSC_0614.jpg
DSC_0651.jpgDSC_0661.jpgDSC_0697.jpg
DSC_0694.jpgDSC_0683_1.jpgDSC_0691_1.jpg
Joyeux Noel!

kiki
スポンサーサイト
DSC_0909.jpg   
バレエ la source(泉)を観にパレガルニエへ
パリでバレエはオペラバスティーユでしか観た事がなかったので
初のパレガルニエ
外から見ても十分美しいけど
中もとってもゴージャス!
DSC_0842_1.jpg
入り口を入るとすぐに大階段
プログラム売りのお姉さんの歌うような声を聞きながら
階段を上がるとバーとホール
DSC_0858.jpgDSC_0851.jpg
DSC_0857_1.jpgDSC_0856.jpg
照明もモザイクのタイルにも
全てが美しい建物でした
DSC_0864.jpg
シアターの中に入るとアリーナ以外はほぼ全てバルコニー席
一家族がひとつのボックスに入って丁度いいくらいの大きさになっていて
ちびっこを連れた素敵な家族連れや
根っからのバレエファン、って感じのおばあちゃん2人組
熱々カップルなどなど
カクテルドレスでばっちりきまったマダムもいたけれど
案外みんなカジュアルな装いでふらっとバレエを見に来たという感じ
それが日常になっているヨーロッパって素晴らしい
DSC_0867_1.jpgDSC_0868_1.jpg
そしてずっと見たかったシャガールの天井画
クラシカルな建物にシャガールの画がとってもモダンに見えるけど
それもなんだかとってもマッチしていて
建物全てが芸術作品
肝心のバレエを観る前に感動しまくり
DSC_0900_1.jpg
バレエもやっぱり美しかった
お話はよくバレエにありがちなしょぼしょぼストーリーだったけど
音楽との調和が素晴らしい
クリスチャンラクロワの衣装もとっても素敵で
何百年も人々を魅了してきた芸術が
変わらない最高の美しさで今の時代の私達を感動させてくれるって
すごいなぁと、パレガルニエの歴史ある建物でただただうっとりする夜でした

by kiki
DSC_0344.jpg
自然史博物館に行ってきました。
入り口を入ると、歴史を感じる館内の至るところに骨、骨、骨!
DSC_0308.jpgDSC_0310.jpgDSC_0322.jpgDSC_0355.jpg
 
その量と、充実した内容に圧倒され、
そして19世紀末に建てられたという美しい建物にもうっとり
建物もさることながら、陳列棚や内装、ガラス張りの天井も、それはそれは素敵
開館当時から何も変わってないんじゃないか?と思うほど
時が止まったような、タイムスリップしたような、不思議な場所でした
古きよきものを守り続ける、というか、意地でも変えない?笑 というか
フランス人の心意気といったら大げさかもしれないけど
フランスらしさをとっても感じました
パリならではの博物館
大人も子供も夢中になれる空間です
DSC_0408.jpgDSC_0402.jpg

こんな素敵なオブジェもありました
l'arbre du vivant 英語だと tree of lifeかな?
オフジェの下には番号の付いたボタンがたくさんあって
押すとその番号のオブジェが光るというもの
博物館には良くある展示だけど
それさえもこんなに美しく作れちゃうなんてすご過ぎる
美しい物がたくさん詰まった博物館、本当に楽しかった!
DSC_0397.jpgDSC_0350.jpg
DSC_0387.jpgDSC_0390.jpg
by kiki
DSC_0070.jpg

凱旋門賞を見にロンシャン競馬場に行ってきました。
海外の競馬場はアメリカでしか行った事がなかったので
ヨーロッパで初の競馬観戦
ブローニュの森を抜けると人、人、人!
DSC_0070_1.jpg


マダムはみんな素敵な帽子でドレスアップ
VIP席ではみなさまワインを片手になんとも優雅な空気が流れていました
我が家はみんな普段着だったけど、
帽子はかぶって行きました
帽子をかぶった女性は入場が無料になるのも
海外ならでは
DSC_0141.jpg
肝心なレースのお目当ては
日本から出場のヒルノダムールとナカヤマフェスタ
馬券ももちろん買いました!
去年惜しくも2位だったナカヤマフェスタに
甥っ子が拾った10ユーロを賭けて
子供達もアレー!アレー!と応援しましたが
結果は11位
歴史的瞬間?に立ち会うことはできなかったけど
なんとも言えないあの高揚感、久々に味わいました
DSC_0086.jpgDSC_0110.jpg
娘はなんだかえらく感動したらしく
初めての感動の涙をながしておりました
ギャンブラーの血、遺伝してしまったかしら?

おまけ
6レースの動画



by kiki
DSC_0039.jpg  

この週末は電車で郊外、ジヴェルニーへ
パリから西へ70キロ
モネが暮らした家、そしてあの睡蓮の絵の庭へ
DSC_0044.jpgDSC_00641.jpg
DSC_0079.jpgDSC_0068.jpg
モネの愛した庭は、絵画そのままの世界でした
あいにくのお天気で、ちょうどお庭に到着した時に雨が降り出してしまったけれど
雨にぬれる睡蓮と柳も緑が濃くて素敵でした
庭の中にはモネの家もあるんだけど
家の内部は残念ながら撮影禁止
壁という壁、飾れる場所すべてに浮世絵が飾られていました
浮世絵集めてたのは有名だけど、ここまで好きだったとは知らなんだ
浮世絵以外の絵は一枚も無かったのにびっくり
DSC_0034.jpg 
ランチはノルマンディーチーズのトーストとパニーニ
行きの電車で話したお姉さんがノルマンディー出身で
ノルマンディーチーズおいしいよ、と教えてくれたので
これを注文してみるも
かなり酸味があって癖のあるチーズ
好きな人は好きなんだろうけど、お子ちゃまの我が家の味覚には合いませんでした
DSC_1039.jpgDSC_10211.jpg
DSC_1020.jpgDSC_1051.jpg 


ジヴェルニーの街もとっても素敵でした
パリから電車で40分だから平日はパリ、週末はここで過ごす人も多いとか
一日ゆっくり回ったけれどまた来たいと思う場所でした
こじんまりした素敵なBBもあったので
週末一泊するのもいいだろうなぁ
また行くぞ!

by kiki

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。