上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0269.jpg

ボンポワンのサロンドテに行ってきました
月曜日がお休み、とはどこにも書いてなかったのに
なぜか月曜日がお休み
しつこく翌日に娘と出かけてきました
DSC_0262.jpg 
かわいすぎる
お店の真ん中にはドーンと大きなテーブル
その上にはデザートと
子供がすきそうなお菓子いろいろ
DSC_02591.jpg

ブラウニーもドット柄
かわいすぎるー
DSC_0257.jpgDSC_0265.jpg  
お料理もなかなかでした
娘は子供メニューを頼みました
メインはパスタかチキンから選びます
娘はパスタをチョイス この日はトマトソースのパスタでした
ソースとパルメザンが別々に出てきて
自分でまぜまぜ
それも楽しかったもよう
そしてデザートには、あのドットブラウニー
まだほんのり温かくてとっても美味しかった
DSC_0258.jpg
私はplat de jour
ほうれん草のオムレツ サラダ添え
それにカフェオレ
お買いもののついでに、って感じではなくて
ランチを食べにくる大人のお客さんが殆どでした
今週から学校が始まる所が多いからかな?
子供連れはウチともう一組だけ
案外大人の空間でした
もちろんショップも見ごたえあり!
残念ながら今回もまた何も買えませんでしたがね
 
DSC_0260.jpgDSC_0254.jpgDSC_0252.jpg


いよいよアパルトマンへの引越し間近
ネット環境が整うまでしばらく更新お休みします
フランスのインターネット、繋がるまですごーく時間がかかるらしく 涙
ネットなしの生活なんて何年振り?
きっとすごく不便なんだろうなぁ

by kiki
スポンサーサイト
DSC_0712.jpg

mariage freresでブランチ
ずっと行ってみたかったパリのお店にやっと行けました
行ったのはÉTOILE店
住宅街にあるお店だけあって
落ち着いた雰囲気で
犬のお散歩中に立ち寄ったらしい
なんとも素敵な紳士、淑女、そしてワンちゃん達がお茶をされておりました

隣のテーブルに、おしゃれなおばあちゃんマダムが2人
ばっちりお化粧をして
シックなファッションに身を包んで、とても素敵だったなぁ
どんなにお歳を召しても、女を感じさせるパリマダム達
お手本にしたいものです
まぁ、わたしにゃ無理だけど
DSC_0713.jpgDSC_0716.jpgDSC_0723.jpg
そんなパリマダムをよそに、私達は次々に出てくる激ウマ料理に大興奮
雰囲気、サービス共に大満足
なんとかこうゆうお店にも娘と一緒に来れるようになった事に
娘の成長を感じつつ、また来たいね、と言いながらお店を後にしました
いつ奇声をはっするか、まだドキドキ感は抜けませんがね

by kiki
DSC_0907.jpg 

le pain quotidienに行って来ました
ベルギーにいた頃、近所にあったこのパン屋さん
週末はよく朝ごはんを食べに通っていました
当時はブリュッセルとパリに数件しかなくて
小さな近所の人気のパン屋さん、って感じだったのに
あれよあれよと人気が出て、とうとう日本上陸
DSC_0911.jpgDSC_0916.jpg

ここの楽しみは色んな種類のジャムやスプレッドを自由にパンに塗れるところ
お気に入りはベーカーズバスケットという8種類くらいのパン盛り合わせ
テーブルに置いてあるお好みのスプレッドをつけて食べます
brunetteというヘーゼルナッツのスプレッド
これが本当においしくて、ベルギーから帰る時もお土産にどっさり買って帰ったほど
パンに塗るものではこれがダントツ好きです
DSC_0932.jpgDSC_0908.jpg

このベーカーズバスケット、かなりの量で食べきれない時は持ち帰りもできます
カフェオレがポットでサービスされるのも嬉しいところ
店員さんの対応もすばらしくて、子供にも優しい
こだわりのパンはもちろん、サラダやキッシュもオススメです
朝ごはんの時間には間に合わなかったけど
卵やジュースが付いた11時までの朝ごはんメニューめあてに
近々また行ってしまいそう

by kiki




DSC_0460.jpg
DSC_0440_1.jpgDSC_0447_1.jpgDSC_0449_1.jpg

台湾に滞在中、色んな種類のお茶をいただきました。
丁寧に茶器で入れていただいくお茶は、味も香りも格別。
中でも"阿里山金萱茶"という台湾ウーロン茶がとびきり美味しかった!
温泉地で一泊したここの隣にあったお茶屋さんで頂いた品評会で優勝したという阿里山金萱茶は
フルーティーでスッキリしていて、ミルクのように甘くて優しい味。
このお店のお茶は今年から東京のデパートでお茶を売り出すそうで、
日本人に好まれる味やパッケージについて色々話し、盛り上がりました。
一月でコーヒー豆を1Kg消費する我が家ですが、パパにもこのお茶を飲んで欲しくてお土産にしました。

By Nono
Ramune.jpg
お友達から何度か頂いた生駒ラムネ
奈良の生駒市にあるラムネ屋さんです。
このラムネ、普通のラムネと全然違うんです。
口の中でほどけていくように優しい甘さが広がって
とっても、とってもおいしい。
普段ラムネは殆ど食べないけ私が、パクパク、パクパク、気がつけば何十個もぺろりと食べてしまう。
止められない、止まらない、なんです。

昔ながらの製法で作られているので、大量生産ができず、
なんとはがきで抽選して当選しないと予約できないという人気ぶり。
でもその人気も納得の味。
ラムネってこんな味だったの?!と衝撃が走ること間違いなし。
赤ちゃんにも安心して食べさせてあげられるお菓子です。
昔ながらの、って美味しいものばかりなのに
なんでどんどん消えていってしまうのか。
生駒ラムネのこの味はずっと守っていって欲しいものです。

By Kiki

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。